経営者が知っておくべき資金集めの方法

効率が良い資金集めをしよう

資金援助してもらうための審査

金融機関に申し込みをすれば、融資をしてくれます。
経営する際の資金集めに使えるので、資金が足りなくなると思ったら、すぐに融資を受けてください。
融資は、すぐに受けられるものではありません。
申請してから、信頼できる人なのか審査されます。
審査を通過できた人だけが、融資を受けられる仕組みです。
信用されるよう、どんなことに使うお金が必要なのか説明してください。
具体的に計画書を作成すれば、相手に伝わりやすくなります。
説明が雑だと、怪しい事業だと思われるでしょう。

どこの金融機関を選択するのか、というも部分も重要ですね。
それぞれの金融機関によって、審査するまでの長さや基準が変わります。
借りられる資金の最高金額や、利子も変わるので情報を知ってから選択してください。
高額な利子が発生する金融機関から借りると、返済が大変になります。
金融機関に資金援助してもらう際は、もらうのではなく借りるのだと認識しましょう。
借りたものは、きちんと返してください。

金融機関を頼りたくない人は、親戚や友人から借りる方法がおすすめです。
自分の事業を説明して、絶対に成功すると伝えれば資金を貸してくれると思います。
この時は、誓約書を必ず作ってください。
知り合い同士だから、口頭だけでいつ返すか決めたり、利子を設定する人が見られます。
ですが紙の書類がないと、お互い言っていることが食い違うかもしれません。
トラブルの原因になるので、誓約書を作りましょう。

誰かから借りることがおすすめ

資金が足りなくなったら、金融機関から融資を受ける人が多いです。 ですが申し込めば、すぐに借りられるものではありません。 金融機関側は、資金を貸して戻ってこなければ困ります。 ですから返済できる人なのか、審査されます。 審査を通過できるよう、申し込みましょう。

特徴を知ってから判断しよう

金融機関ごとに、特徴があります。 審査が終わるまで早いところや、利子が少ないところなどがあります。 自分の都合に、最も合っている金融機関を選択してください。 初めて起業する人は、審査が簡単な金融機関が良いですね。 自分の社会的な信頼も、考慮して決めましょう。

金融機関を頼らない方法

資金集めをする時は、必ずしも金融機関を頼る必要はありません。 他の方法でも、資金を集めることができます。 それが、知り合いに頼む方法です。 金融機関を利用することに抵抗を感じるなら、知り合いに資金援助を頼むことを検討してください。 丁寧に頼みましょう。

▲ ページトップへ戻る