経営者が知っておくべき資金集めの方法

効率が良い資金集めをしよう

金融機関を頼らない方法

親戚や知り合いを当たってみる

知り合いが資金を貸してくれるなら、金融機関から融資を受ける必要はありません。
会社を経営する時に、知り合いにまず相談するのも良い方法です。
資金を借りたい場合は、自分に融資することで相手にどんなメリットがあるのか伝えてください。
何もメリットがないように感じると人は融資をしたくなくなります。

昔からの知り合いでも、命令口調にならないよう注意しましょう。
命令されれば嫌な気持ちになるので、融資なんてしてもらえません。
丁寧に頼み込んで、資金を融資してもらってください。
もしダメだと言われたら、そこで引き下がりましょう。
しつこく融資を迫っていると、こちらの心象が悪くなります。
無理に融資を迫らず、心に余裕をもってください。

誓約書を書いておこう

融資をしてもらえることが決まったら、必ず誓約書を書いてください。
借りた金額や利子、返済期間などを紙面で確認することが大切です。
誓約書がないと、全額返済したのに足りないと言われたり、期限がまだ残っているのに返済を催促されるなどのトラブルが起こります。
知り合いと、人間関係が悪化するのは嫌ですよね。

金銭のやりとりなので、お互いが誠実にならなければいけません。
誓約書があれば、トラブルの発生を抑止できます。
相手が返済は、いつでも良いと言うかもしれません。
相手が言ったのなら良いですが、こちらから提案することは絶対にしないでください。
こちらはお金を借りているので、弱い立場です。
返済に関するルールは、相手に決めさせましょう。

▲ ページトップへ戻る